共同湯 元湯 泉薬湯 温泉津温泉・島根県【源泉かけ流しどっとねっと】

top-banar-yunotsu-motoyu.jpg

top.jpg  温泉ソムリエぐっちとは.jpg温泉について.jpg源泉かけ流し温泉リスト.jpg源泉かけ流しについて.jpg関西近郊.jpg取材・講演.jpgメディア活動.jpgお問合せ.jpgその他の活動.jpgリンク.jpg

島根県 温泉津温泉

元湯温泉 泉薬湯





R0027167.JPG
温泉津温泉とかいて「ゆのつおんせん」と読みます。
こちらは世界遺産に認定された「石見銀山(いわみぎんざん)」に程近い場所にございます。



R0027160.JPG
温泉津温泉の「元湯温泉 泉薬湯」さんの玄関です。
訪れたのは夏の夕暮れ時。



R0027170.JPG
この地域の方々に愛されているのがひしひしと伝わってきます。
雰囲気は温泉というより町の銭湯という感じでしょうか
建屋の前には地元の少年が・・・・いい景色です(^^)



R0027184.JPG
脱衣場です。結構な方が入浴されているのがわかります。




R0027180.JPG
こちらが、有名?な浴場です。
雑誌等では、何度も見ていましたが、おもわず、「おお~!」と言ってしまいました(^^;
やっぱ「生」の経験は感動に値します。
浴槽の縁は、堆積物がこってりと・・・きれいにコーティングされています(^^)
それもそのはず、溶存物質(ガス性のものを除く)は7,910mg/kgも・・・・簡単に言いますと「濃い」温泉です。



R0027182.JPG
お湯は真ん中が「ぬるめ」ですが、それでも結構熱かったです。
それも訪れたのは8月・・・
秋から春の間に再訪したいですね

また、お湯は緑と茶の間ぐらいの色でしょうか
泉質は旧名称では「含土類食塩泉」のようですが、現在の名称では「ナトリウム・カルシウム-塩化物泉」です。
熱い上に成分濃厚な塩化物泉・・・・温まりまくりますよ(^^;
また、硫酸イオンも1100mgございますが泉質名には出てこない・・・
スゴイです(^^;
ということで、長湯は「湯あたり」になる可能性高いと思われます
けど、熱いから、長湯は難しいですが・・・(^^;


R0027193.JPG
風呂上り、長寿館さんの前にて


日本の名湯のひとつではないでしょうか。
地元の方からも愛され、観光客にも愛され、温泉マニアにも愛され・・・
まさに温泉力を感じられる古き良き日本の温泉の真髄がひしひしと伝わってくるかと思います。
湯も「しっかり」していて、ホンモノの温泉だなぁと。
成分がかなり濃いため、湯あたりには気をつけてくださいね。
長くても5分程度で、縁に腰掛けて一旦からだを冷ましてまた3分と・・・交互に入浴がいいんじゃないでしょうか。




【再訪】
RIMG0818.JPG
RIMG0824.JPG
RIMG0829.JPG
RIMG0830.JPG




■温泉データ

名称
温泉津温泉 元湯温泉 泉薬湯
住所
〒699-2501 島根県大田市温泉津町温泉津ロ208-1
(注:温泉津ロの「ロ」はカタカナの「ロ」です)
電話番号
0855-65-2052
営業時間
午前5:30~午後8:20
料金
300円
泉質
ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
源泉温度
49.6℃
pH
6.3(中性)
湧出量
42リットル/分
ぐっちのお気に入り度
★★★★★☆







温泉津温泉「元湯温泉 泉薬湯」のオフィシャルページへ