つぼ湯・薬湯・公衆浴場 湯の峰温泉・和歌山県【源泉かけ流しどっとねっと】





top-banar-yunomine-tsuboyu.jpg

top.jpg  温泉ソムリエぐっちとは.jpg温泉について.jpg源泉かけ流し温泉リスト.jpg源泉かけ流しについて.jpg関西近郊.jpg取材・講演.jpgメディア活動.jpgお問合せ.jpgその他の活動.jpgリンク.jpg

和歌山県 湯の峰温泉 

【つぼ湯】【くすり湯】【公衆浴場】

1.JPG2.JPG3.JPG

「日本最古の湯」と謳われている温泉地は不思議なことにいくつかある。
その中の一つが和歌山県の南部の山間地に位置する「湯の峰温泉」である。

その昔、天皇が熊野詣をする際に、この湯の峰の温泉に浸かり、体を清める「湯垢離(ゆごり)」をしたそうである。

この湯の峰温泉の泉質は関西では貴重な「硫黄泉」である。

6.JPG7.JPG5.JPG

そしてこの湯の峰温泉には3ヶ所の共同浴場がある。

その中の一つが、唯一世界遺産として認定されている「つぼ湯」だ。
その「つぼ湯」と「くすり湯」、そして「公衆浴場」の3ヶ所についてお伝えさせて頂くことに。

私は過去に3度、この湯の峰温泉を訪れているが、実はつぼ湯は今回が初めて。
なぜかというと、最初は中学3年生の卒業旅行で訪れたため、特に興味が無かった。

そして2回目に訪れたのが2005年頃。
なんと「つぼ湯」の入湯料金が750円になっていた!
確か、つい最近までは280円ぐらいだったはずなのに・・・
ということで、ちょっとやりすぎでは?と思い、「つぼ湯」には入湯せずに「あづまや」さんに立寄り湯させて頂いてから帰った。

2009年の3回目には「つぼ湯」に入ろうと決心したのだが、土日だったため、混みすぎていて、待ち時間が3時間以上・・・断念を余儀なくされた・・・

そして今回の4回目にやっと念願の「つぼ湯」に入ることが出来た。
この4回目は温泉ソムリエ仲間とご一緒に。
なんと、岐阜、東京、そして仙台から参加された。
皆様の行動力には頭が下がる思いである。
私ももっと精進せねばと・・・・。

そして私は関西在住の「温泉ソムリエ」なのに、関西の名高い「つぼ湯」を今頃経験とは・・・ほんとお恥ずかしい限りであったが、これで経験済みになったので、少々安堵している。

前置きが長くなってしまった。

10.JPG

まず、メインとなるのがこの施設。
ここには「くすり湯」と「公衆浴場」がある。
「つぼ湯」のお支払もここで。順番札を頂くシステムだ。
幸いにも一組待ちだったので、30分待ちだった。

それでは、まずは「つぼ湯」より紹介

■つぼ湯

11.JPG12.JPG13.jpg

湯の峰温泉の間を流れる小川沿い、いやほぼ川の中に「つぼ湯」が。
小屋がぽつんとあるだけ。
昔は2枚目の写真の「つぼ湯」と書かれた下の部分が開口(開け閉め自由)になっていたのだが、最近は締め切りになってしまったようだ。

14.JPG15.JPG17.jpg

内部はほんとこじんまりと・・・風情は流石である。
つぼ湯というだけに、ほんと一坪ほどの浴槽があるだけ。

この「つぼ湯」の湯は1日に7回色が変わるというお話。
私が入浴した際は、青白い感じだった。
きっと含有成分の硫化水素とメタケイ酸が関係しているのではと。

16.JPG

足元湧出とのことだが、足でどこから湧き出しているのか探ってみたが、わからなかった・・・
源泉温度は80度を超えているはずなのに・・・・
ま、何せ温泉は天然モノゆえ、それはそれとして・・・・

今回は嫁と2人で入浴したのだが、30分1人750円。
ゆえ、2人で30分1500円。
1人だけで入っても30分750円。

なんかちょっと違和感を感じるのは私だけ?

ただ、お湯は硫黄の香りがしっかりしていて、炭酸水素イオンも豊富なため、なめらかで、とても気持ちよかった。

また、ゆっくりと訪れて、堪能させて頂きたい。



■くすり湯

RIMG0275.JPGRIMG0254.JPGRIMG0260.JPG

民宿「瀧よし」さんへ泊まった翌日の朝にくすり湯へ。
くすり湯は前回にも入浴。
こちらは「加水無し」で、適温まで湯温を下げられている貴重な極上湯。
ただ、前回は真っ白の白濁したお湯だったが、今回はほぼ無色透明。
きっと、朝お湯を張り替えたばかりだからだろう。
硫黄成分がまだコロイド化していないからだと思う。
ということは、本当に新鮮なお湯を堪能させて頂いたことになる。
それも、写真をこのように撮れたというのも私1人だけで、貸切状態。

RIMG0263.JPG

まさにここは天国だった。
ただ、撮影に忙しいのはいつものことで・・・いうまでもないが・・・。

RIMG0261.JPG



■公衆浴場

RIMG0244.JPGRIMG0245.JPGRIMG0248.jpg

この公衆浴場は「くすり湯」と同じ建物である。
なぜだか訪れた時間帯は無料とのことで、入る予定ではなかったが、折角?なので、入湯させて頂いた。
こちらは「加水」されている。
しかし、なんのなんの、十分硫黄の香り漂い、湯の華も舞っているではないか。
正直、十分極上であった。

RIMG0243.JPG
温泉分析書
こちらは「くすり湯」「公衆浴場」のものと思われる。
「つぼ湯」は異なるようです。


■つぼ湯 温泉データ

住所
和歌山県田辺市本宮町湯峰
電話番号
0735-42-0074
営業時間
6:00~21:30
料金
750円
泉質
含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉
源泉温度
92℃
pH
7.3
湧出量
約30リットル/分
湧出形態
足元湧出
ぐっちの湯の寸評
かなり良かったです。
ただ、足元から湧いているのを感じれず・・・少々???って感じです。
また、近々再訪して、確認したいと思っています。
<再訪>
やはり素晴らしいです。
前に入った方の加水状況でだいぶ印象が変わります。
今回は前回より、かなり新鮮なお湯に感じました。
ぐっちのお気に入り度
★★★★★




湯の峰温泉(熊野本宮観光協会)のオフィシャルページへ