ホテル中の島 南紀勝浦温泉 【源泉かけ流しどっとねっと】





top-banar-nakanoshima.jpg

和歌山県 南紀勝浦温泉

ホテル中の島

R0033431.JPG
ホテル中の島は島のため、渡し舟に乗って行きます。
それだけで、テンションがアップ!(^^)


道中の写真が抜けてすいません・・・いきなり露天風呂の写真ですが

R0033484.JPG

これがホテル中の島の「紀州潮聞之湯」です。
この名前の命名は藤本義一さんらしいです。



R0033490.JPG

源泉はこの洞窟っぽい中からぼこぼこと沸いています。
そして、お湯は浴槽からそのまま海へと流れ込んでいます。



R0033483.JPG

海に近い浴槽と海面の高さは1mもないぐらいですので、ほんと湯に浸かりながら、海が目の前に広がります!
結構海沿いの海が見えそうな温泉に行っても、浴槽に浸かれば海が見えないことが多いのですが、こちらはそういう意味でも貴重かな?と思います。



R0033494.JPG

この撮影は朝でしたが、夕暮れ時の景色はとても美しいですよ。

紀伊勝浦は大阪からも結構遠いのですが、わざわざ行く価値あると思いますよ。
行かれる際は、ここから山側に入り込んだ「湯ノ峰温泉」「川湯温泉」も是非ご一緒に!



ちなみにここ中の島では1泊しましたので、食事の写真もどうぞ

R0033434.JPGR0033438.JPGR0033437.JPG







温泉データ

名称
ホテル中の島(紀州潮聞之湯)
住所
〒649-5334 和和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字勝浦1179-9
電話番号
0735-52-1111
立寄湯 営業時間
14:00 ~ 20:00
立寄湯 料金
大人(中学生以上)1000円、小人500円
泉質
含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
利用状況
源泉かけ流し(露天風呂のみ、内湯は循環式)
源泉温度
51℃
pH
7.6
ぐっちの湯の寸評
目の前が海!それも湯に浸かりながら海が見えます。 海が見えそうな露天風呂は多々ありますが、実は多くは湯に浸かった目線では見えないことがほとんど。 そんな中、こちらでは、本当に湯に浸かりながら海が見える貴重な温泉です。 また、湯も含硫黄!関西ではかなり貴重な泉質ですよ。
ぐっちのお気に入り度
★★★★★


ホテル中の島のオフィシャルページへ


●じゃらん <ホテル中の島> へ


●楽天 <ホテル中の島> へGo