恐山温泉 【源泉かけ流しどっとねっと】 菩提寺境内湯小屋 「薬師の湯」 「花染の湯」 青森県

恐山温泉top 源泉かけ流しどっとねっと.jpg

top.jpg  温泉ソムリエぐっちとは.jpg温泉について.jpg源泉かけ流し温泉リスト.jpg源泉かけ流しについて.jpg関西近郊.jpg取材・講演.jpgメディア活動.jpgお問合せ.jpgその他の活動.jpgリンク.jpg

青森県 恐山温泉

薬師の湯  花染の湯

恐山温泉1 源泉かけ流しどっとねっと.jpg

恐山温泉2 源泉かけ流しどっとねっと.jpg

恐山温泉5 源泉かけ流しどっとねっと.jpg

恐山温泉3 源泉かけ流しどっとねっと.jpg

恐山温泉4 源泉かけ流しどっとねっと.jpg

恐山の境内へ入ると参道の両側に湯小屋が右側に1つ、左側に2つ
訪れた日は右側が男湯、左側2ヶ所が女湯だった
右側の男湯は「薬師の湯」という








【薬師の湯】

恐山温泉薬師の湯10 源泉かけ流しどっとねっと.jpg

恐山温泉薬師の湯12 源泉かけ流しどっとねっと.jpg

恐山温泉薬師の湯11 源泉かけ流しどっとねっと.jpg

恐山温泉薬師の湯14 源泉かけ流しどっとねっと.jpg

恐山温泉薬師の湯13 源泉かけ流しどっとねっと.jpg

恐山温泉薬師の湯15 源泉かけ流しどっとねっと.jpg

恐山温泉薬師の湯18 源泉かけ流しどっとねっと.jpg恐山温泉薬師の湯16 源泉かけ流しどっとねっと.jpg恐山温泉薬師の湯17 源泉かけ流しどっとねっと.jpg

恐山温泉薬師の湯21 温泉ソムリエぐっち(山口貴史).jpg恐山温泉薬師の湯22 温泉ソムリエぐっち(山口貴史).jpg恐山温泉薬師の湯23 温泉ソムリエぐっち(山口貴史).jpg

恐山温泉薬師の湯24 温泉ソムリエぐっち(山口貴史).jpg

幸いにも訪問時、独泉だった
簡素な全て木造の湯小屋
実に素晴らしい
白い湯の華が舞う硫黄泉
幸いにも適温で、ゆっくりと楽しませて頂いた







【花染の湯】
混浴

恐山温泉花染の湯31 源泉かけ流しどっとねっと.jpg

恐山温泉花染の湯32 源泉かけ流しどっとねっと.jpg

恐山温泉花染の湯35 源泉かけ流しどっとねっと.jpg恐山温泉花染の湯34 源泉かけ流しどっとねっと.jpg恐山温泉花染の湯33 源泉かけ流しどっとねっと.jpg

恐山温泉花染の湯41 源泉かけ流しどっとねっと.jpg

恐山温泉花染の湯43 源泉かけ流しどっとねっと.jpg

恐山温泉花染の湯44 源泉かけ流しどっとねっと.jpg

恐山温泉花染の湯42 源泉かけ流しどっとねっと.jpg

恐山温泉花染の湯45 源泉かけ流しどっとねっと.jpg恐山温泉花染の湯46 源泉かけ流しどっとねっと.jpg恐山温泉花染の湯47 源泉かけ流しどっとねっと.jpg

恐山温泉花染の湯52 温泉ソムリエぐっち(山口貴史).jpg

恐山温泉花染の湯51 温泉ソムリエぐっち(山口貴史).jpg

恐山温泉花染の湯54 温泉ソムリエぐっち(山口貴史).jpg

恐山温泉花染の湯53 温泉ソムリエぐっち(山口貴史).jpg

裏手にあるのがこちら「花染の湯」
ここは、初めてではちょっとわかりにくいところにある
荒涼とした場所にぽつんと佇んでいた
この景色は、ここ恐山ならではかと

そして、こちらは混浴である
恐る恐る近づくも、幸いにも先客無し
「薬師の湯」に比べ透明度が高いような気がした
だが、底に湯の花がたっぷり溜まっていたため、湯に浸かればたちまち白濁湯に

こちらも適温
熱いと噂の恐山温泉だったが、加水されているためか、適温だった

「薬師の湯」よりこちらのほうが、少々広く感じられる
また、湯船は3つに区切られ、奥から源泉が注がれるため、奥が熱く手前がぬるくなるように造られている

恐山温泉、実に素晴らしかった

【コメント】

境内にある温泉

全国にもいくつかある

ただ、こちらは境内に入れば温泉は全て無料開放されている

訪問時、境内にはそれなりに訪問者がいらっしゃったが、温泉で一緒になった方はひとりだけだった

全国的に見ても珍しいロケーションの温泉だ

一度は訪れて頂きたい温泉である


そして余談であるが、現在恐山の「イタコ」は激減しているようだ
在住の方は数名だとも言われている
また、県外から「イタコ」として出張で来られている方もいるようだ

そういう意味でも早く訪れて頂きたい恐山である

ただ、日本三大霊場のひとつである「聖なる地」である

日本に残された数少ない桃源郷のようにも思われた

そして

訪れる際には「タオル」をお忘れなく







■恐山温泉 データ 

住所
〒035-0021 青森県むつ市田名部町字曽利山3-2
電話
0175-22-3825(恐山菩提寺)
源泉
泉質
含鉄・含硫黄-ナトリウム-塩化物泉(ウィキペディア調べ)
加水
有り(ウィキペディア調べ)
加温
無し
消毒
なし
湧出形態
自然湧出
泉温
74.4度(ウィキペディア調べ)
pH
湧出量
料金
500円(入山料としてであり、温泉は無料)
立ち寄り湯営業時間
6:00~18:00(入山可能時間)
ぐっちのお気に入り度
★★★★★





大きな地図で見る






101 都道府県別温泉TOP 【源泉かけ流しどっとねっと】.jpg